2018年12月01日

「月見団子」

いちょう.jpg

 十一月、百軒あまりの村内で三名の方々が相次いで亡くなられた。どなたもとてもお世話になった人である。

 特に、百二歳で往生されたTさんは、長きに亘り総代だったご主人とともに寺を支えて下さった。
 亡き父と小学校が同窓であり、何度も一緒に上山したり、二十代〜三十代の日々は毎月二十八のお勤め一緒にしていただき本当に思い出深い。地区の大谷婦人会長もながく務め、熱心な念仏者であり「自信教人信」を歩まれた。

 葬儀の後、喪主挨拶に立たれた長男の方が趣味であった俳句の中一句を披露された。「月見団子 四角い膳の 真ん中に」という句で、季語辞典の月の項に高浜虚子の句と並んで収められているという。

 生前、意図するところを聞くことはなかったそうだが、長男の方の受け取りは、広大無辺なる宇宙空間と膳という切り取られた世界の対比、あるいは悠久の時間の中で名月の輝く今を愛でているのではと話された。

 挨拶を聞きながら自分の脳裏に浮かんだのは、何度もTさんから教えられた指と月の話であった。

 人は「あれが月だ」と指で示されると、つい月ではなく指をみるというのだ。つまり、「念仏申す」ことと「本願の世界が開かれる」ことの関係性を譬えた話である。
 喉の渇いた牛を水辺に連れて行くことは出来るが水を飲むのは当の牛である。

 念仏によって開かれる世界を生きてこその人生だと教えて下さった事が思出される。
posted by ryuouji at 20:51| Comment(0) | 日記

2018年11月01日

「寺に住む」

ゆず.jpg

 ずっと寺に住んでいると、ついそれが当たり前の事になってしまう。

 日頃は「住職」と呼ばれても、「住持職」という意味で土地や建物を維持管理し、仏事を執行してゆく人くらいの意味で聞いている。

 しかし考えてみると、「住むことを職とする」という言葉は何とも不可解でもある。

 四年前になるが、明治二十七年に移転新築した本堂の傷みがだんだん激しくなり、総代さん達に相談をした。

 自分としては、もし村内だけで対応出来ない場合は、時間をかけて町内の一軒一軒にお願いに回る覚悟は出来ていた。

 ところが実際は、二十一名からなる建設委員会が立ち上がり、あっという間に必要経費の試算から奉加帳の作成へと進み、落慶法要に至った。

 とても有り難かったのだが、ちょっと拍子抜けしたところもある。実際、落慶法要の後に、町内の二十八日講の人達から「うちにも寄進に回って来てくれ、法要に出ることを楽しみにしていたのに」と言われた時には何とも返答に困った。

 現実の社会生活では、金銭をもらう側が「ありがとうございました」と礼を言うのだが、お寺の世界では差し出す側が礼を言う何とも不思議な事が普通に行われてる。

 寄進という作業を通じて仏さまに帰依し心豊かに生きる人の誕生するのならば、住職の最も大事な仕事はそれに貢献することではないだろうか。

 やはり寺は特定の人に開かれる場所ではなく、すべての人に開かれ帰依する場所でなければと四年前の出来事を通じて思うことだ。
posted by ryuouji at 20:16| Comment(0) | 日記

2018年10月01日

「目的と目標」

柿の実.JPG

先月、司法試験の合格発表がありM君から「合格しました」といううれしい知らせをうけた。彼は退職した年に教えた最後の学年の生徒だった。三年前に法科大学院に進んだときも今回も、「先生のおかげで法律の面白さを知り、この道に進みました。」と言われあらためて教師になってよかったと思った。

 一週間ほどして訪ねてきてくれ、ゆっくり話すことが出来た。彼が苦笑いしながら話してくれたのは、合格してから新聞の取材をうけたが、記者は何か物語を作りたがるけれど自分はただ勉強が楽しいから受験しただけで記者の要望には応えられなかった、というのである。ちなみに新聞記事には「高校で、法学部出身だった社会科の先生の話の面白さや考え方に共感し法学関連の学部を志したという。」と書かれていた。

 サッカーが大好きなスポーツ少年が、勉強の面白さを知ってのめりこんでいった様こそドラマチックだったのにそのことは記事にはならないのだなと一人思う。

 考えてみると、社会的地位や人々の評価は結果的にあとからついてくるものなのに、そのものが目的化されることが多々あるようだ。

 新潟県に小林ハルさんという瞽女(ごぜ)がおられた。彼女は生後三ヵ月の時に失明し、五才から瞽女修行をはじめ百年にわたり(百五才で老衰のために亡くなった)瞽女を生きた人である。昭和五十四年には「人間国宝」に認定され広く人々に知られるようになった。聞くところによると、新潟・山形・福島の山村を歩いて回り、三味線を弾き門付けをしたそうで、歩いた距離は実に地球十周というから驚いてしまう。数人で移動したようでその事を「良い人と歩けば祭り 悪い人と一緒は修行」と述懐されている。

 壮絶な人生を支え貫いていた信念は、常に神仏から見守られて生きているという思いであり、深い宗教心に支えられた人生がそこにはある。

 以前「明日という言う字は明るい日と書くのね」という歌が流行ったことがある。誰しも、今が辛いと感じるときには当然のように今よりも楽しい明日を思ってしまう。しかし、現実はむしろさらに辛い日々がまちうけているというのもまた人生である。
 ハルさんが辛い現実を「修行」と受け取り、一日一日を力強く生きた姿にこそ人間の品性を感じる。

 M君がこれからも初心を忘れず勉強を重ね、人格が磨かれ社会に有為な人材に成長していってくれる事を願うばかりだ。
posted by ryuouji at 23:30| Comment(0) | 日記