2018年06月01日

「真宗的思考」


せっこく.JPG

 仏教国タイの若いお坊さんが托鉢に回っている様子を画像で拝見することがある。
 日本でも浄土真宗以外の僧侶達は何らかの修行をしており、滝に打たれたり瞑想に耽る姿には、少し羨ましさや憧れの気持ちを持つ。修行の日々を送れば、在家生活に戻った時にも生涯にわたり様々な判断の助けになるように思う。

 一方、真宗では「得度」も「教師修練」も「住職修習」の際も修行といわれるような事柄はまったく行われない。それは教えの根幹にある「悪人正機」ということから出てくることである。

 しかし、宗祖の親鸞聖人が比叡山で二十年にわたり厳しい修行をされた後に、「雑行を棄てて本願に帰す」という遍歴を歩まれているのもまた事実である。

 キリスト教の聖書の中に、「だれでも情欲をいだいて女を見る者は、すでに心の中で姦淫を犯したのです」(マタイ伝)とあるように一般の宗教では、行いと同時に心の持ちようがとても大事にされる。

 浄土真宗のお寺を預かりながら、どうしても矛盾に感じるのは「地獄は一定すみかぞかし」(歎異抄2章)と言い表しているように救われがたい我が身の深い自覚を最優先にしてしまい、一人一人が身の事実と向き合う時間と作業が欠落しているのではないのかということだ。
 具体的にいうと、下手をすると「肉食妻帯」といった事柄に何の疑問も持たずに通りずぎる危険性を感じる。

 「真宗の教えは聞いても聞いても」わからんという皆さんの声は、聞かずにおれない思いの吐露でもあるが、同時にもうひとつの問題提起とも思われてしかたがない。
posted by ryuouji at 14:49| Comment(0) | 日記

2018年05月01日

「息子の結婚」

つつじ.JPG

 息子が結婚して、四月から新しい家族がふえた。育った環境が全く違うのでいろいろなトラブルがあるのかと思っていたけれど、逆に少し拍子抜けするところもある。子ど

も達が生まれて名前をつけた時に感じたことなのだが、ずっと前からその名前だったように思えるのである。今回も同じにように事実と感覚の時制がずれている。

 名曲「糸」は、「なぜ めぐり逢うのかを私たちは なにも知らない」という詞ではじまる。人生は全く不思議なであいの連続であるが、それをどう受け止めればいいのだろうか。その時のおかれた状況でずいぶんかわってくる。
 とても逆説的な事に、余命を宣告された途端に一日が突然重くなり目の前の人がとても愛おしくなる。

 息子とお嫁さんは、島根県の海士町で同じ仕事を通じてめぐり逢った。晩ご飯の時に「どうしてその仕事を知ったの?」と聞いたら、トロントの大学生の時に、ネット上で募集があることを知ったというのである。何ともグローバルな時代を生きていることだ。

 親鸞聖人は、「教行信証」の冒頭を、「竊かに以みれば、難思の弘誓は難度海を度する大船」というお言葉ではじめられる。そこには聖人万感の思いがこめられてあると思う。
 ある先生から聞いた説明によると、「竊かに」とは米粒の中に住むコクゾウムシがその穴から外の世界を盗み見るさまをさすそうだ。聖人が 、「竊かに」「難思の」と言葉をついやして説こうとされている世界に、息子たちと一緒に向きあいたい。
posted by ryuouji at 07:57| Comment(0) | 日記

2018年04月01日

「父を思う」

庭の桜.JPG

ちょうど10年前、心臓の冠動脈にステントを入れる手術を受けた。それ以降定期的に検査をうけて来たが2月の検査入院で、「この状態だといつ心不全を起こしてもおかしくない」と診断され、3月1日に心臓バイパス手術となった。

 麻酔から目覚めて3日間は、痛みでなかなか眠れなかった。すると日頃はあまり深く考えることのない今は亡き両親や祖母や姉のことが次々に思い浮かんで来た。

 父はフィリピンで終戦を迎え、アメリカ軍の捕虜となり翌年ようやく帰国した。身も心も深く傷ついた父をまっていたのは二人の弟たちの戦死のしらせであった、その上祖父も帰国を待っていたかのようにまもなく亡くなっていった。自分が父の立場に立たされたらとても平常心を保てない。やがて母が嫁いできて昭和23年秋に姉が生まれ、晴れ渡る空を見て「やっと戦争が終わった」と感じたそうである。
 父は寡黙で、あまり多くを語らなかったが、言葉より行動でいろいろ奉仕する人だった。

 子供の頃、当時は花嫁さんは必ず打掛を着て本堂にまいって来たが、父は当時まだ珍しいは写真機で何枚も撮って、自分で作った暗室に籠もり徹夜で現像作業をし、記念にプレゼントしていた。小学校のPTA会長も長く務め、よく学校にやって来て子ども達の姿をたくさん撮っていた。
 村の子供会の世話や、保護司に民生委員といった役も長くやっていたことを考えると、とても「人が好き」な人だったのだろう。

 実にここ崎山から出征して戦死した方々は30名を数える。そして、残された人々の中には癒されることのない大きな大きな悲しみが後に残った。
 幼子を抱えて未亡人となった方々や、大事な息子達を亡くした母親の悲しみと父はその生涯をかけて向き合った。私が子どもながらに感じた事だが、生きて還って来た父にしか出来ないことだったろうし、自らにそれを課したのだと思う。

 祖父が亡くなってから、50年以上の長きにわたり住職を務めたのだが、そこには父を支えた多くの念仏者がいた。ともに仏様の悲しみを確かめ合った、にこやかな笑顔のお爺さんやお婆さん達は私にとっても懐かしい。

 父とともに念仏を生きた先達が歩んだ足跡は、私には本当に大きすぎる。

 今回、入院手術という機会を与えられたのは、「これからの人生をもう一度問い直せ」との父からの厳しい催促であると受け止めたい。
posted by ryuouji at 14:38| Comment(0) | 日記