2017年05月08日

「坊守のひとりごとH」

5月つぶやき用.jpg

 4月に息子が帰って来た。正確には帰らせた。好きなことをして良いが、30歳になったら寺に帰れという約束を守ってだ。18歳で家を出て、京都の大学で学生生活を送り、東京でサラリーマンを経験し、途中から島根県で働いていた。
 十二代住職の父は農業を十三代住職の夫は教員を兼業しながら寺を守ってきた。さて、十四代はどう立ち向かうのであろうか。

 過疎化の進む田舎の小さな寺であるが、「寺を守ること」はイコール「地域を守ること」だと私は思って来た。「地域を守ること」は県や国を守ることにつながっていると思っている。点の集まりが線になり、線の集まりが面になる。ひとつひとつの小さな点がとても大事だと思っている。そして、私もその一つの小さな点である。さて息子がこの地でどんな点になるのだろうか。
posted by ryuouji at 11:39| Comment(0) | 日記