2018年02月02日

「孤独との対峙」

パール柑.JPG

先月、芥川賞・直木賞が発表され、翌日の天声人語(1/19朝刊)に若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」の書評が紹介されていた。
 主人公は74歳、夫が急逝し、愛犬をうしない子どもとも隔たり、孤独との対峙が始まるという内容で作者自身が「玄冬小説」と呼んでいるそうだ。

 早速買い求めて読んでみると、予想とは異なり主人公の桃子さんはとても逞しくしなやかに生きている様に感じられた。文中の一節、「周三が亡くなってからの数年こそ、自分が一番輝いていた時ではなかったのか桃子さんは思う。平板な桃子さんの人生で一番つらく悲しかったあのときが一番強く濃く色彩をなしている。」が記憶に残った。

 しかし、この主人公の様にみな強く生きれるのだろうか?翌20日の新聞に、イギリスのメイ首相が「孤独担当相」を新設したという記事を見つけた。イギリスでは7人に1人が孤独感を感じており、原因として「英国では、労働組合やパブ、教会などが伝統的に人々を結び付ける役割を果たしてきたが、数の減少や社会の変化により存在感は弱まっている。」と書かれている。さらに「英国家庭医学会によると、孤独な人は社会的なつながりがある人に比べて天寿を全うせずに亡くなる可能性が50%も高い」とも書かれている。おそらくこのような傾向は世界的な潮流なのであり、現代という時代の課題なのだろう。

 タバコ屋さんは自動販売機にとってかわられ、町の本屋さんは消えてしまい代わりにネット通販の宅配便が行き交う。
 人はより快適で便利なものを求めて来たはずなのに、ス-パーのレジに並んでもバーコードを読み取る音がするだけで、目と目を合わせて会話をすることもない。何とも皮肉なことに便利さと引き替えに大切な何かをなくしているようだ。
 メールを配信すると即座に返事の単語でかえってくるのは確かに便利ではある。でも愛しい人へ恋文をひたためてから返信を待つ間に、その人への思いがより醸成されてゆくといったことはない。
 桃子さんが孤独な状況の中にあっても、生きてゆけるのは幼い日を心豊かにばっちゃと過ごした過去があり、周三との濃密な日々があったからである。

 もし心を病んで天寿を全う出来ないという事態を現代社会が生み出しているのならば、なんとか変えてゆかねばならない。

 全国にコンビニよりも沢山ある寺院が、地域の人々が気軽に集う場としての機能を回復すれば今後その存在意義もより大きくなるようにおもうのだが・・・・・
posted by ryuouji at 19:48| Comment(0) | 日記