2018年02月28日

「祇樹給孤独園」

梅まだ.JPG

2月はピョンチャンオリンピックの報道が連日マスコミで取り上げられ、特にメダリスト達のインタビューが大きくとり扱われた。
 どの選手も喜びの表情を浮かべながら、選手生活を支えてくれた人々への感謝の思いを口にしていた。
 家族や所属団体をはじめ、コーチ・トレーナー・スポンサー・・・と本当に多くの支えがあってこその結果なのだろうと思う。

 特に、スピードスケートで金メダルを獲得した小平選手を十年にわたりづっと支え続けた相沢病院の存在は、小平選手のスケートへの情熱に対して利害損得ではなく無条件に応援し続けたとても心温まる関係である。

 阿弥陀経のはじめに出てくる、「祇樹給孤独園」(略して祇園とか祇園精舎ともいう)の逸話を思い出させてくれた。

 伝えられるところでは、マガダ国でお釈迦様の説法を聞き深く喜んだ須達多長者(孤独で貧しい人に施しをしていたので給孤独長者とも呼ばれていました)は、自国のコーサラ国の人々にも聞いてもらいたいと思い、お釈迦様を迎える寺を建てようと発願します。そして祇陀太子の森が寺にふさわしいと「土地を売って下さい」頼みました。ところが太子は嫌がって「お金を敷いた面積だけ売ろう」と難題を出しました。すると給孤独長者さっそく全財産を運んでその土地にお金を敷き始めました。祇陀太子は驚き長者の願いに感動して「私の樹木で寺を建てて下さい」と寄進を申し出られたそうである。

 考えてみれは、誰の人生も不思議なであいの連続でり、そのであった人と教えによって人生は形作られてゆくのだと思う。

 古代オリンピックでは、開催期間だけは戦争を中止したそうであるが、今回のオリンピック期間も世界中の人々が勝敗を超えて幸せな時間を共有したように感じる。これからも心がほっとするような時間を多くの人が共有出来る世界であって欲しいと願うばかりだ。
posted by ryuouji at 07:53| Comment(0) | 日記