2018年07月01日

「スポーツ観戦」

ききょう.JPG

今年はピョンチャンオリンピックに引き続き、サッカーワールドカップがロシアで開催され、連日熱戦の模様が報道されだんだん加熱している。去る6月28日に行われた対ポーランド戦はまさに筋書きのないドラマそのものだった。

 日本チームはポーランドに勝つか引き分けると決勝トーナメントに進出決定。もし負ければ同じ状況にあるセネガルの結果次第という状況で試合が始まった。セネガル対コロンビア戦も別会場で同時間にスタートした。

 前半の45分は緊迫した状況が続き、結局両会場とも0対0のまま休憩に入った。後半も一進一退が続いたたが、14分にポーランドが先制点をあげて局面が動いた。このままだと予選リーグ敗退となってしまうという状況に置かれ、何とか得点を奪い返さなければならなくなった。重苦しい時間が流れる中、29分に今度はコロンビアが先制点をあげたという報が入って来て状況がまた変化した。
 決勝トーナメント敗退が決まっているポーランドは日本に勝てばそれで良いし、一点差のまま負けても勝ち上がれるのならばそれがベストという状況が生まれ、会場から大ブーイングが興る中最終ラインで日本チームがパス回しをすることになった。

 およそスポーツマンシップの精神からは褒められた試合ではなかったが、人間の生き様をわかりやすく見せつけてくれた。おそらく多くの日本人の気持ちとしては、「正々堂々とやって予選リーグを突破して欲しい」と思っただろうし、当の監督選手が心情的にいちばん不本意だったようである。

 人間は本能的に「損か得か」を計算しながら生きていると、置かれた状況下で「どういう発言をすべきか?」「どう行動すべきか?」といつも計算してしまい、時に暴走する危険性もはらんでいる。
 以前のワールドカップで、ペルーの選手がオウンゴールして負けてしまうとその選手が帰国するや暗殺されるという悲惨な出来事があった。
 まさに今、ただ勝つことを最優先にするのではなくスポーツの原点に立って、あのような出来事を「他山の石」として、敵味方を越えてファインプレーを賞賛するような試合をしてもらいたい。
 その大前提として、まずは試合相手への敬意があって成り立つことだが。
posted by ryuouji at 17:38| Comment(0) | 日記