2016年10月10日

「坊守のひとりごとF」

ひとりごとF.jpg

 父がまだ元気な頃、納骨堂の天井にスズメバチが巣を作った。父は真っ暗になってから巣を取り、丁寧に燃やした。それきり納骨堂に巣はできなかった。
 夫から祖廟の角にスズメバチが巣を作っていると聞いた。2度落としたが、3度目の巣を作っていると聞いて不思議であった。お彼岸におまいりして、その訳がわかった。落とした巣が地面に散らばっていた。夫は落としただけで巣の処分をしていなかった。巣の中のスズメバチが、同じ場所に帰って作業の続きをしたとしても当然の事だ。

 学生時代、文化祭で生物専攻の上級生から質問されたことがある。「人間と野生の動物はどんな関係か?」と。新入生の私は、「共生です。共に生きるです。」と答えた。その先輩は、「人間の世界に共生などありえない。命のやりとりがあるだけだ。」厳しい口調で、いくつも例を挙げて説明してくれた。当時、町育ちで野生の動物に縁のなかった私には、消化されないまま言葉が残った。

父は、人が刺されないために巣まできれいに燃やした。夫は、スズメバチの巣を落とす自分は「悪人」かと問う。私はスズメバチではないので父の通りにすると思う。どんな小さな生き物に対する時も、自分の立ち位置を考える。
 昨夜、風呂場でゴキブリを見た。目の前を悠々と歩いていたが、私は反応しなかった。先月、孫達が来ていた10日間は、蚊・蛾・蝿・ゴキブリ等、どんな虫も私は見逃さなかった。蚊取線香をあっちこっちに焚き、はえ叩きを持ってどこまでも追いかけた。蚊に刺されて赤いおもちのように腫れた孫の足がかわいそうでたまらなかった。孫が帰った後、私の体は虫に反応しない。目の前の蚊を打ち、食卓の蝿を追うくらいだ。許さないぞと何処までも追いかける執念は消えてしまった。これは共生ではなく命のやりとりの境界線が少しずれただけだ。

 住民数よりも野生動物の方が多いこの里山で、先輩の言葉がやっと消化されてきている。
posted by ryuouji at 12:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。