2017年03月01日

「後悔すべからず候」

河津桜.JPG

  2月の13日、マレーシアの空港で発生した暗殺事件は連日マスコミで報道され続けている。だが真相はわからない事ばかりだ。
 世界史の教科書に登場する明の初代皇帝朱元璋を連想させる。とても猜疑心が強く、側近を信じられずに大粛清を行ったと書かれている。狡猾な肖像画は何とも忘れがたい顔である。
 暗殺という言葉を聞くと、文字通り人目につかない場所で犯行が行われるイメージだが、なぜ空港という監視カメラが設置された場所を選んだのか謎である。あえて世界にニュースを発信することを意図しているのだろうか。

 歎異抄の十三章には、聖人が唯円坊に向かい「何事も心にまかせたることならば、往生のために千人殺せと言わんに、すなわち殺すべし。しかれども一人にてもかないぬべき業縁なきによりて害せざるなり。わが心の善くて殺さぬにはあらず、また害せじと思うとも百人千人を殺すこともあるべし」と言われたと書かれている。そこには縁にふれれば何でもしでかす人間存在が明かされている。

 しかし、すべての人が権力の座につくと朱元璋と同じような行動に出るのだろうか?

 私の想像だが、親鸞聖人は比叡山ですごした二十年間に心から信頼出来る人に出会えず深い絶望の中で山を下ったのではないのだろうか。そして、吉水の草案で法然上人から専修念仏の教えをうけ、歎異抄第二章の「 たとい法然聖人にすかされまいらせて、念仏して地獄に堕ちたりとも、 さらに後悔すべからず候。」というであいをはたされた。
 我が思いに振り回される人間存在は全く信頼に値しないが、本願の教えに信順する人は何があっても決して人を裏切ったりしないという確信を法然上人の中に見いだしたように思う。
posted by ryuouji at 18:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。