2017年07月01日

「坊守のひとりごとI」

薔薇.jpg

 また恐ろしいものが増えた。野生動物(猪・鹿・アライグマ・ハクビシン)とAI(人工知能)。

 梅雨に入って、本堂の白壁に雨だれ跡がたくさんあった。雨漏りかと騒いで瓦屋さんと大工さんに電話をする。犯人はアライグマとハクビシンらしい。七高僧や聖徳太子の御掛軸の上を、トイレにするとは・・・。どうせ天井に住むのなら、少しは聞法しなさいと言いたくなる。

 外では庭木や畑の野菜を食べ散らかされ、内では天井を住みかに排便排尿をしてあばれまわる。
 減少する村の人口と増加する野生動物。先々どうなるのか恐ろしい話だ。

 もうひとつは、AIの発展。将棋だけでなく、碁まで、人間に勝利した。最近では、短時間で病名を見つけたり、就職活動の初期面接も担当するという。既に選挙活動に利用され活躍したと聞く。

 先日朝日新聞に、「人間検索エンジン」と呼ばれるコンピューターシステムの事が載っていた。フェイスブックの「いいね!」の数でその人の性格がわかるという。「いいね!」の数が70個あれば友達より、150個あれば家族より、300個あれば配偶者より、本人の性格を正確に把握できるそうだ。
 それでは300個以上あれば、本人より本人の性格がわかるのであろうか?コンピューターに向かって、「私は何者でしょうか」「どんな性格でしょうか」と問うたら答えが返ってくるのだりうか。

 コンピューターの前で一喜一憂する姿を想像すると、これ又恐ろしい。
posted by ryuouji at 13:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。