2017年09月01日

「無明長夜の燈炬」

赤い百日紅.JPG

九月を迎えた途端、今朝は寒くて目が覚めた。季節は確実に移ろい、わが身も着実に老化してゆく。

 以前、作家五木寛之氏が新聞に親鸞聖人の御一生を小説というかたちで連載された。その中で四十歳代の聖人が関東の人々に教えを説いて行かれた様を次のように描写している。

 人々の中から、念仏をすると「亭主の大酒と浮気はなおっけ」と問われて「それはわからぬ」と答える。すると「なんでぇ。けっきょく、念仏はなんの役にもただねえのか」ということになる。
 商売繁盛や病気の平癒を願う人々に対して、聖人は九歳の時に体験したことを語り始める。稚児僧として比叡山にはいってまもなく急ぎ横川の宿坊まで荷物を届けける役を引き受けた話だ。
 夕刻に出発しやがて途中で夜になり、険しい山道のなかついに身動きもできず、叫び声もでなくなる。そのとき、空から青白い光がさしてきて、あたりをくっきりと照らし出した。「月の光があたりを照らしたからといって、背おっている荷物が軽くなったわけではない。だが坐りこんでいたわたしはたちあがり、歩きだすことができた」と書かれている。
 おそらく史実というより五木氏の創作であろうが、私はこの部分を読んで、正像末和讃の35首にある「無明長夜の燈炬なり 智眼くらしとかなしむな 生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ」といううたを思い浮べた。聖人は念仏をいわばいつ明けるとも知れない闇夜を照らす燈炬であり、大海原の中の船筏であると仰っている。

 食糧難に苦しむ国への支援のあり方について、食べ物を送っても一時的なことで、一歩間違うと要求がエスカレートすることすらあるという。恒常的な本当の支援は食糧生産の為に一緒に汗を流すことだという。

 いつの世も、苦しみの中にあると人はつい、自分に都合のいいように環境を変えようと求めるのだが、念仏が教えてくれる生き方はどうも逆のようである。
posted by ryuouji at 18:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。