2018年05月01日

「息子の結婚」

つつじ.JPG

 息子が結婚して、四月から新しい家族がふえた。育った環境が全く違うのでいろいろなトラブルがあるのかと思っていたけれど、逆に少し拍子抜けするところもある。子ど

も達が生まれて名前をつけた時に感じたことなのだが、ずっと前からその名前だったように思えるのである。今回も同じにように事実と感覚の時制がずれている。

 名曲「糸」は、「なぜ めぐり逢うのかを私たちは なにも知らない」という詞ではじまる。人生は全く不思議なであいの連続であるが、それをどう受け止めればいいのだろうか。その時のおかれた状況でずいぶんかわってくる。
 とても逆説的な事に、余命を宣告された途端に一日が突然重くなり目の前の人がとても愛おしくなる。

 息子とお嫁さんは、島根県の海士町で同じ仕事を通じてめぐり逢った。晩ご飯の時に「どうしてその仕事を知ったの?」と聞いたら、トロントの大学生の時に、ネット上で募集があることを知ったというのである。何ともグローバルな時代を生きていることだ。

 親鸞聖人は、「教行信証」の冒頭を、「竊かに以みれば、難思の弘誓は難度海を度する大船」というお言葉ではじめられる。そこには聖人万感の思いがこめられてあると思う。
 ある先生から聞いた説明によると、「竊かに」とは米粒の中に住むコクゾウムシがその穴から外の世界を盗み見るさまをさすそうだ。聖人が 、「竊かに」「難思の」と言葉をついやして説こうとされている世界に、息子たちと一緒に向きあいたい。
posted by ryuouji at 07:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。