2018年08月01日

「心が痛む」

黄蓮.JPG

 蓮の花は六月の中旬から咲き始めるのだが、今の時期は競うように咲き誇り真夏の光によくあうように思う。肥料を施し、水の管理をすればちゃんと応えてくれる。言葉を交わさなくても気持ちが通じるようだ。

 先日、夜中に愛犬のランが吠えるので見に行くと、蜷局を巻いた蝮と対峙していた。とっさに近くにあったバケツに追いやり引き離した。ところが1時間ほど経つと、またなきだしたので見に行くと同じシチュエーションが再現されており、やむなく薬缶に熱湯を入れて掛けた。それから数日後、今度はきれいな赤蝮とまた睨めっこをしており、また熱湯を掛ける仕儀に及んだ。以前、散歩の途中に噛まれて動物病院で血清を打ってもらったからといくら言い訳をしても生きようとする命を殺めると何とも心が痛む。日常的に刺身や肉料理を口にするが、この私に代わって命を殺めてくれている人の存在はあえて思わないようにしている。

 三月に手術を受けてから五ヵ月が経ち、以前に比べガクンと体力が落ちたことを実感する。そんな中でふと思うことがある。それは三十年以上高校の教壇に立ち、毎年三百人以上の生徒達に授業をやってきたのだが、そこでは優しい生徒達がこの私を教師として認めてくれたから教職を続けられたのであり、その大前提に全く無関心であった自分に気づく。「生きているのではなく」て、「生かされている」のだと教えられてもななかか頷けない。でも病気や老いを通じてその事を実感出来るのならば病気も悪くない。

ここのところ、津久井やまゆり園の事件のその後やLGBTの人達への差別発言をする国会議員の報道を聞いていると、最も大切な事柄が何か欠落していると言わざるをえない。
 問題発言をくり返す人たちは自身が社会的弱者や少数者になることに思いが至らないのだろうか?

 人間の存在そのものがともに支え合いながら生かされていることに目がいけば、社会的に生産性の低い存在を抹殺しようとするあり方に対して、「ともに生きる」ことを模索する事こそが最大切なのではあるまいか。
posted by ryuouji at 13:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。