2017年11月01日

「善く生きる」

白菊.JPG

 学生時代ソクラテスの講義をうけたことがある。18歳の私にはとても新鮮で毎週その時間が楽しみだったことを今でも思い出す。
 当時のアテネは民主主義がだんだん壊れて衆愚政治へ変わりゆく状況にあり、ソクラテスは問答法という手法で一人一人に善く生きることを勧め、なんとか社会を立て直したいと願う。しかし彼の思いは人々に理解されず、逆に社会秩序を乱す者として告発される。それでも生き方を変えることなく、死刑判決を受け入れて最後は自ら毒杯を仰ぐのである。
 「ただ生きるのではなく、善く生きることが大切」という教えに感動し、教師になってからも自分の受けた思いをそのまま生徒達に話した。
 ところがいつしか、高い志を持ちそれに向かって努力を重ねるように若者への呼びかけたかのように曲解していたのかも知れない。
 先月、三十年来の碁敵である奈良に住む68歳の従兄弟が肺腺癌のため亡くなり、通夜と葬儀に参列させてもらった。
 60歳で会社を退職したあとは行政書士の資格を取り、調停委員をつとめ、好きなカラオケで施設を慰問したり、ハイキングの会を主宰したりと随分活躍されたことをはじめて知った。 最期は昏睡状態であったが、その前日まで看病してくれた奥さんの名前を呼んで「あなたのお蔭で今日も一日生かされた」という感謝の言葉を忘れなかったと聞かされた。
 多くの参列者に惜しまれる従兄弟の生き様を知らされて、ふとソクラテスのことを思い出した。
 師が説いた「善くいきる」とは、外に向かって大きな理想や志を持つことではなく、むしろ最も身近にあって大切な事柄に思いを致すことなのかと思われてきた。たとえベッドの上で寝たきりになろうとも思いやりの心と感謝の念を持ち続ける事は誰にでも出来ることなのだから。
posted by ryuouji at 16:07| Comment(0) | 日記

2017年10月01日

「耐え忍ぶ」

白い花.JPG

 去る9月23日、祖廟の秋季彼岸法要を勤めた。勤行のあと、参列の方々に感話をお願いした。
 それぞれ自らの病気のこと、家族の介護のことなどを話してくださり、どう身の事実と向き合っているのかがよくわかった。

 そんな中、Hさんは自分の来し方を振り返りながら、人生で大切なことは、日々努力を重ねる事と耐え忍ぶこととだと自らに語りかけるように仰った。話しを聞きながら、Hさんの真面目な人柄とともに、ただ「我慢」することと「忍耐」とでは随分意味が異なると感じた。つまり「忍ぶ」という言葉にはとても肯定的・建設的な響きがあり、植物が見えないところでじっと根を張る様が思われた。

 以前、高倉健さんが座右の銘とされたのは、「我行精進 忍終不悔(我が行は精進にして 忍んで終に悔いざらん)」」という無量寿経の中にある法蔵菩薩の言葉であった。

 この言葉を贈った酒井雄哉師は二千日回峯行(長い比叡山の歴史の中でも過去3人だけしかいない)を断行した大阿闍梨、かたや高倉さんも数々の名作を残した大スターである。
 つい言葉の重さにたじろいでしまうが、誰にとっても人生で大切なことを守って行こうとすれば、必ず「忍ぶ」ことが伴うのだと思う。

 22歳で亡くなられた大島みち子さんは、「人生長きがゆえに尊からず、人生深きがゆえに尊し」と書き残している。いつ終わろうとも悔いはなしと言い切れる人生は深い教えにであった人だけが言える言葉とも思う。
posted by ryuouji at 17:20| Comment(0) | 日記

2017年09月01日

「無明長夜の燈炬」

赤い百日紅.JPG

九月を迎えた途端、今朝は寒くて目が覚めた。季節は確実に移ろい、わが身も着実に老化してゆく。

 以前、作家五木寛之氏が新聞に親鸞聖人の御一生を小説というかたちで連載された。その中で四十歳代の聖人が関東の人々に教えを説いて行かれた様を次のように描写している。

 人々の中から、念仏をすると「亭主の大酒と浮気はなおっけ」と問われて「それはわからぬ」と答える。すると「なんでぇ。けっきょく、念仏はなんの役にもただねえのか」ということになる。
 商売繁盛や病気の平癒を願う人々に対して、聖人は九歳の時に体験したことを語り始める。稚児僧として比叡山にはいってまもなく急ぎ横川の宿坊まで荷物を届けける役を引き受けた話だ。
 夕刻に出発しやがて途中で夜になり、険しい山道のなかついに身動きもできず、叫び声もでなくなる。そのとき、空から青白い光がさしてきて、あたりをくっきりと照らし出した。「月の光があたりを照らしたからといって、背おっている荷物が軽くなったわけではない。だが坐りこんでいたわたしはたちあがり、歩きだすことができた」と書かれている。
 おそらく史実というより五木氏の創作であろうが、私はこの部分を読んで、正像末和讃の35首にある「無明長夜の燈炬なり 智眼くらしとかなしむな 生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ」といううたを思い浮べた。聖人は念仏をいわばいつ明けるとも知れない闇夜を照らす燈炬であり、大海原の中の船筏であると仰っている。

 食糧難に苦しむ国への支援のあり方について、食べ物を送っても一時的なことで、一歩間違うと要求がエスカレートすることすらあるという。恒常的な本当の支援は食糧生産の為に一緒に汗を流すことだという。

 いつの世も、苦しみの中にあると人はつい、自分に都合のいいように環境を変えようと求めるのだが、念仏が教えてくれる生き方はどうも逆のようである。
posted by ryuouji at 18:14| Comment(0) | 日記