2017年07月01日

「いし・かわら・つぶて」

柘榴.JPG

 土産ものを差し上げるときなどによく、「つまらないものですが・・・」と言った表現をする。日本人独特の謙譲語であり、それはそれで親密な人間関係を維持してゆくことに役立っていると思う。

 ところが、法然上人が、「愚痴の法然房」と自称されたり、親鸞聖人が「愚禿」と称されるのは謙譲表現とは全く異なるようだ。

 先月、在住のみやこ町で囲碁の本因坊戦が行われ、その前夜祭にも参加する機会を得た。挨拶に立ったプロの棋士が自身のタイトル戦での経験を話された。「対局中にふと対戦相手がミスをしてくれないかなと思ったりすることがあるが、その時はとても恥ずかしくて情けなくなる。」というのである。つまり、形のうえでは対戦相手と打っているのだが囲碁の神様が見てくれている中で最善の一手を模索し続けているというのだ。

 自分自身も感じることだ。ずっと四人の子供達を「育てて来た」と思ってきたが、この頃はこの私の方が「育てられていたのだろうか?」と思うことがふえてきた。

 親鸞聖人の書かれたものの中に(唯信抄文意)に、「さまざまのものは、みな、いし・かわら・つぶてのごとくなるわれらなり。」という言葉がある。つまり、一部の選ばれた者を除いて大多数の者たちは、世間的な評価も自己評価とも価値のないものと蔑まれていると仰っている。「勝ち組」「負け組」という表現が定着している現実代社会は八百年前と何ら変わるところがない。

 聖人は続いて、「如来の御ちかいを、ふたごころなく信楽(しんぎょう)すれば、摂取のひかりのなかにおさめとられまいらせて、かならず大涅槃のさとりをひらかしめたまう」とおっしゃる。本願の教えは、すべての命はみな掛け替えのないものだという絶対的肯定を働きかけてくると。

 「愚禿」という名告りは、どこまでも健康とお金にすがろうとする我が生き方への厳しい問いかけだと受けとりたい。
posted by ryuouji at 13:51| Comment(0) | 日記

「坊守のひとりごとI」

薔薇.jpg

 また恐ろしいものが増えた。野生動物(猪・鹿・アライグマ・ハクビシン)とAI(人工知能)。

 梅雨に入って、本堂の白壁に雨だれ跡がたくさんあった。雨漏りかと騒いで瓦屋さんと大工さんに電話をする。犯人はアライグマとハクビシンらしい。七高僧や聖徳太子の御掛軸の上を、トイレにするとは・・・。どうせ天井に住むのなら、少しは聞法しなさいと言いたくなる。

 外では庭木や畑の野菜を食べ散らかされ、内では天井を住みかに排便排尿をしてあばれまわる。
 減少する村の人口と増加する野生動物。先々どうなるのか恐ろしい話だ。

 もうひとつは、AIの発展。将棋だけでなく、碁まで、人間に勝利した。最近では、短時間で病名を見つけたり、就職活動の初期面接も担当するという。既に選挙活動に利用され活躍したと聞く。

 先日朝日新聞に、「人間検索エンジン」と呼ばれるコンピューターシステムの事が載っていた。フェイスブックの「いいね!」の数でその人の性格がわかるという。「いいね!」の数が70個あれば友達より、150個あれば家族より、300個あれば配偶者より、本人の性格を正確に把握できるそうだ。
 それでは300個以上あれば、本人より本人の性格がわかるのであろうか?コンピューターに向かって、「私は何者でしょうか」「どんな性格でしょうか」と問うたら答えが返ってくるのだりうか。

 コンピューターの前で一喜一憂する姿を想像すると、これ又恐ろしい。
posted by ryuouji at 13:37| Comment(0) | 日記

2017年06月01日

「来し方行く末」

紫露草.JPG

  昭和二十七年生まれの私と妻は、今年六十五才を迎える。基礎年金の支給が始まり、健康保険証が変わり、いよいよ高齢者の仲間入りする。

 来し方を思えば、亡き父は二度の召集に応じて二十代の日々の大半を戦場で送り、毎日「死」と隣り合わせの日々を過ごした。私は父のような過酷な日々を経験するすることもなく、困窮にあえぎ食べるものに事欠くといった事もなかった。
 これもただ運が良かったと片付けられるのではなく、そこには先人の大きな歩みがあってこそと思う。

イソップ寓話のひとつに「アリとキリギリス」というお話がある。夏の間、アリたちは冬の食料を蓄えるために働き続け、キリギリスはバイオリンを弾き、歌を歌って過ごす。やがて冬が来て、キリギリスは食べ物がなくてこまるのである。
 説得力のある話であり、過去が現在を規定し、現在が未来を決めてゆくというのはいわば当たり前のことだ。

ところが、お経の中の時系列は「過去→現在→未来」ではなくて、「過去→未来→現在」と説かれている。観無量寿経の中には「過去未来現在 三世諸佛 浄業正因」という言葉が出てくる。
 私なりに思うことは、ただ自分の思いを実現するだけに終始するのではなくて、自分に願われている事柄をこそ中心に据えれば、見えてくる世界もかわると説いているのではあるまいか。

 詩人・金子みすゞの「大漁」の中に
  「浜はまつりのようだけど 海のなかでは何万の 鰮のとむらいするだろう」という言葉がでてくる。常に仏様の目差しを感じながら生きた金子みすゞならではの詩である。

これから未体験の行く末を生きるにあたり、なりたい自分にプラスして願われている事柄は何かを思い、それを父と母に問いながら歩を進めたい。
posted by ryuouji at 06:22| Comment(0) | 日記